食器棚を断捨離して本棚をキッチンカウンターに作り変え

life

前回の記事にちょこっとだけご紹介しただ食器棚代わりのキッチンカウンター。

実はこれ、元本棚でして。

前の家では本を収納していたわけです。夫婦そろって本の虫。この特大の本棚でも事足りない位の本が詰まっておりましたの。

まぁ、それを引っ越しを機に整理しまして。

さて、新しい物件が決まり、内見を済ませ新しい家に収まる家具を厳選。

食器棚は廃棄したので買い足すつもりゼロ!

カウンターをキッチンに置いて全てまかなうのは思いついたんですけどね、

このねキッチン等に置けるカウンター・・・。

高い!!もうね、すっごい た・か・い !!

まんがでねめん玉飛び出るのあるでしょ、ほんとそんくらい たかいのね。

いくらくらいかっていうとね・・・。

70000~100000円 !!

ふっかけるよね~。

なんかね、そんなんじゃないかと思ってた~

そういうところのついてくるのかなって。

みんなが欲しがると思ってさぁ~。

いけず~

 

引っ越し業者代金 節約してんのに そんなん払えますかいな!!

えんぴつ鼻の下に挟んで うんうん考えた。

♬テケテケッテケ~♪まるにひらめきの神が舞い降りた!!

ゲームならこういう音楽鳴ってるはず。やったことないけど。

ゲームやらない人なんで。

 

このスカスカになった 本棚を使えばいい!!

まぁ、だーりんに作り変えてもらうことはもう本人に確認を取ることなく決定だったよね。

あ~楽しみ~小躍りしながらデザインを考えましたとも。

だってこの本棚も古道具屋で捨てられそうになっていた飾り棚を¥2000で購入したものだったし。

でもさ、よくよく考えたら捨てようとしてたのに¥2000取るっておかしくない・・・?

まぁそれはそれとして。

買った後に元大工のうちのお父さんに本棚見せたら

すごくいいものだって言ってたの!最近は集成材を使った家具しか売ってないからこんな本物の木はすごく丈夫で長持ちするし価値があるよって。

でも、実際すっごく重くて 100人乗ってもだいじょーぶ! な頑健具合!

うっそ!やっぱり!わたしって買い物の天才だから~♬

背板を張ってもらって~上はタイルを貼ってもらって~♪

楽しさが止まらない!!変な動きも止まらない。

それをだーりんが出来るかどうかとか材料費がいくらかかるかとか、そんなんは脳内には存在しないわけですよ。

ディノスの ¥100000のキッチンカウンター見せられて

「これだと~天板が集成材?っていうかベニヤじゃない?これだと、安っぽいわけ。でね、この天板を白いタイルを貼って高級感を出したいんだよね~・・・わかる???」

うん。謎のディレクター。

ちょっと困り顔でやさしく微笑むだーりん。

(これを・・・?そのへんてこりんな図面??絵?に??)

そう、そんな顔してたよね。

ほら、なんていうの?立体図?わたし書けないから。得体の知れない平面図だったから。

もう、「こっちが上かな?」って問われるレベル。

唯一発せられた言葉は

「少し大掛かりな作業になりそうだから引っ越しが済んで落ち着いたらやろうね。」だった。

お気づきになりました?

そう!自慢じゃないんだけどうちのだーりんは本当にやさしい。えへっ。

もうね、バファリンかだーりんかで「両者!譲らず!!」って競馬の解説の人に解説されてもいいくらい。

なんなら、バファリンの効能の下に

だーりんでも効きます。って付け足してもいいと思う。

そんくらいやさしいんです。

 

なのでね、

だーりんのプレッシャー凄かったと思う。

それでも完成させてくれたのがこれ!!

外側はこんな感じ。わかりづらいけど1枚ずつ板を打ち付けてもらってます。

ちなみにペンキを塗ったのはわたし。

 

横から見るとこんな感じ。

横も1枚ずつ板を打ってます。

内側は↓

100均で買った大きな白い布を2つに切ってカーテンにしてます。この布がすごく厚みがあって固いので洗ってもしわにならなくて便利!綺麗と簡単は両立しなきゃ続かないの~

カーテンを開けると

レンジと食器のすべてがここに収まっております。

あえてペンキを塗らない部分があるのは、

食器を引っ張ったり取り出したりするときにペンキが剥がれたりして見た目が悪くなったり

衛生面が心配になるのを防ぐため。

そして

レンジの上にはニトリの滑らないトレーとラップを。

うちは今はラップしかありません。

ここ2ケ月くらいはアルミもクッキングシートもなくても全然困ってない。

 

天板は一面白のタイル♬フライパンも鍋も置けるしすっごい便利~

 

で、家のすべての食器がこれです。

全部で23枚ありました。(冷蔵庫に1枚あったのも入れてね。)

本当はもっと減らしたいんだけど、お気に入りばっかりだからそこはまぁよしとします。てへへ。

可愛い食器があったら絶対かっちゃうからそういうところに寄り付かないようにしてる。

自分の欲望に勝てる気ゼロ!断言できる。買うね。あたしは 買う 。

「ちょうど、このサイズのお皿だけないと思ってたんだぁ~。」とか言いながら

だーりんにけっして目線を合わせず買い切れる自信ある!!!!

 

1個足すなら1個捨てるのルールがあるからね。

あっ!言ってなかったけどあるのね、そういうマイルールが。

まぁ、雑誌で読んだ素敵主婦の受け売りなんだけど。

だからね、お気に入りだけだから捨てたくない!だから買わない!ってなるんだけど

おぉー!この方法なかなか効果あるじゃん?イケてるじゃん?って関心しきりだったんだけどね~

そのためには、本当にお気に入りの物を買うこと!これなんだよね~

簡単だと思ったの最初は!でも難しいよ。ほんと。

いかに、日々、妥協して過ごしてるかがわかったね。

もう生きてるだけで日々選択の連続。

その妥協には、家計を預かる主婦だからこその妥協であるわけなんだけれどもさ。

小さい物なら1個98円の七味と1個398円の七味。

どっちを買うってそりゃ~決まってますよ。普通なら1個98円の七味ですよ。はい。

でもさ、「えいやっ!!!」って買った398円の七味をかけて食べただーりんが

「おいしぃね~っ」ってにこにこほんとに嬉しそうにわらってくれたの見て、もぉーキューンって!

キュンキューンって聞こえたもん。

「あーっ!なんかよかったなぁ!!」って。これからは398円の七味しか買わないからね!!って

心に深く刻みましたとも!

 

大きいものだとね~

有名な作家さんのお皿。数千円するし。その辺で手に入らないし。

なんなら プレミア ついてて元値より高くなってたりするし~ うーん。

でも、そこは あきらめないで 買う!ようにしたんです。

おかずが納豆になってでも 買う!

そしたら 絶対あきないし 捨てない。 断捨らない。

わたしの性格上、妥協して手に入れたものは 必ず あきて 捨てちゃうの。

そうやって手に入れる為の納豆ご飯はすっごくおいしい。

納豆だいすき。

 

いやね、わたしも最近の断捨離ブームに乗っちゃってるわけですよ。

しかも、がっつり。

でも、断捨る時 絶対感じる罪悪感。あ~っ。あの時妥協して安いからって買ったこれ・・・。

ほんとは買う時 ちゅうちょ してたじゃん・・・って。

結局 断捨ってごめんよと。

これが世に言う

外国の方からもほめられる もったいない精神。

そんなこと思える 大和撫子 な私も充分偉いぞ!と思えるんですけど

そういう想いは持ちつつも

もので溢れた中で生活してきたわけだから、どんどん捨てる日々。

それを見ただーりん

「世の中のものってだいたいがゴミだね・・・。」 と。

遠く悲しい目をしてた。

そんな遠くを見ないでだーりん!

鈍感な私でも、何か、いたいけなものを、深く、傷つけたということだけはわかるわ。

違うのよ!だーりん!世界は本当に素晴らしいもので溢れてるのに、私のチョイスが間違ってただけなの!

猛省。

そこでね、行きついたのが

もー、生活のすべてが本当に必要で使いやすくてというものにしてあげたい!したい!

私の仕事は謎のプロデューサーではなく普通の主婦!!

家族が過ごしやすく、かつ 清潔に、見た目もちょっとだけカッコよく!

それには

ばんばん捨てる断捨離もありだけど、捨てきったら、ほんとうに必要なものを必要な数だけ。

むしろ、もっと~。となるくらいがちょうどいい塩梅に。

よーく考えてから。

なんでもかんでも「あるよ~・・・。」ってHEROのbarのマスターじゃないんだから。

そんなに全部無くてもいい。

 

1つの物をほんとに気に入ってから買ってながーく使う。

欲しいと思ってもその日は買わない。

これが精神衛生上よろしいかと。

わかってはいるんだけどなぁ。

ごたく並べる前に実行しろってはなしですよね~。

 

コメント